サイタイエキス+プラセンタ配合のリマーユプラセラ原液でエイジングケア!

創業以来140年のお肌研究のリバテープ製薬会社の定番美容液となった馬プラセンタ美容原液「リマーユプラセラ原液」のご紹介です!

東尾理子・東原亜紀・渡辺美奈代・高岡由美子さんなど
30~40歳代芸能人も絶賛!

サイタイエキスプラセンタ配合の「リマーユプラセラ原液」は、「くすみ・肝斑(かんぱん)・しわ」のエイジングケアにぴったり!!

初回定期半額なのでぜひ試してみて~~!!

定期便はいつでも解約・停止可能です。



リマーユプラセラ原液 初回半額はこちら

サラブレッドの馬プラセンタを採用のリマーユプラセラ原液!
40代を過ぎるとこのようなお肌の悩みはありませんか。

  • ちりめんじわが目尻に出ている
  • 肌が乾燥して頬や口周りなど粉をふいている
  • 肌の弾力が無くしおれている感じがする

こんなお悩みを持っていたらぜひ馬プラセンタ美容原液を使ってみてください!

3ヵ月使用で目元・口元に年齢が隠しにくい首まわりが劇的に変化した!という口コミも多数あります。

サラブレッドプラセンタ使用にはワケがある!

国産の馬から抽出されたプラセンタを配合しているこちらの原液は、必須アミノ酸を多く含んでいます。

アミノ酸はお肌の代謝をサポートして美肌に導いてくれる成分です。馬プラセンタは、肌の透明感も高めてくれます。

プラセンタをお肌に塗ると、ターンオーバーを促進させてくれるので、肌の生まれ変わりが正常に行われて、肌が若返ります

サプリメントでプラセンタを摂取しても肌への変化は感じられるのですが、肌に直接つけると、より効果を実感できます。

プラセンタそのものにセラミドが含まれているので肌のバリア機能を回復させるのにとても役立つのですが、こちらの原液では、プラセンタだけでなくヒアルロン酸なども配合されています。

さらにサイタイエキスという肌の生まれ変わりをさらにしっかりとサポートする成分も配合されています。

馬プラセンタが選ばれているのは、栄養素が豊富に含まれているという事と安全性が高い事からです。

肌につけるものなので、安全性が高いものが良いですよね。
プラセンタは豚とか羊とかもありますが、馬がやはり安心です。

北海道産の馬を使用して作られている美容液というのも安心して使えますよね。

馬セラミドは、人間に似たセラミドだから保湿もばっちり!

こちらの馬プラセンタ原液には、馬セラミドも追加して配合されています。
肌のターンオーバーを促進させてくれるので、肌がきれいになるのを実感できます。

馬のセラミドは、ヒトの肌のセラミドとよく似ていますので、浸透力も優れています。しっとりした美容液なのにつけると浸透してべたつきがなくなるのは、肌の成分に近いからでしょう。

これは珍しい!!馬サイタイエキスも配合!

サイタイエキスを配合している美容液は数少ないですね。

サイタイエキス配合美容液を探している方は、プラセンタとサイタイエキスがどちらも配合されたリマーユプラセラ原液
がおすすめ!!!

馬サイタイエキスとは、馬のへその緒から抽出された成分です。この成分にはヒアルロン酸がたっぷりと含まれています。

ヒアルロン酸は保水力が高いので、肌を内側からふっくらさせてくれます。水分の多いお肌は弾力もUPしますので、しおれた肌が元気になるのを実感できるでしょう。

年齢肌の悩みを解決してくれる成分です。ヒアルロン酸はお肌にもともとある成分ですが年齢とともに減少していきます。しっかり補う事が美肌のカギとなるのです。

プラセンタとサイタイの違いは?

おさらいになりますが、
プラセンタは「胎盤
サイタイは臍帯(さいたい)で「へその緒」のことです。

サイタイは、お母さんから、赤ちゃんに栄養を運ぶ大切な役割をしています。

サイタイエキスが美容によいとされるのは、

・幹細胞
・ヒアルロン酸
・コンドロイチン硫酸
・アミノ酸

など、美肌に欠かせない成分含まれています。

リバテープ製薬だから安心

リバテープ製薬は、創業130年もの歴史がある製薬会社です。その会社が開発した化粧品だから品質管理等もしっかりしていて安心です。

健康に関する研究を続けてきた機関なので、製品開発に妥協はしません。品質管理をしっかり行い製品が作り出されています。
また最新の研究結果なども製品開発に役立てていて、満足できる商品を提供してくれています。

肌への優しさを考慮して無添加処方で作られていて敏感肌でも安心して使えるようになっています。使い続けるとハリ・ツヤ・弾力のあるお肌に変わるのが分かります。
まずはあなたのお肌で実感してみてください。

初回定期半額なのでぜひ試してみて~~!!

定期便はいつでも解約・停止可能です。



リマーユプラセラ原液 初回半額はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする